title

d1

創立70周年 ごあいさつ



NPO法人沼津市体育協会 会長 臼井 勇二

NPO法人沼津市体育協会は、 創立70周年を迎えました。 70年の歴史と伝統、 これは大変重みのある言葉です。 私たち先輩の地道な努力により、 現在の市民のスポーツ団体として隆盛を極める体育協会に成長したことに対して敬意と感謝を表したいと思います。 私たち協会は、 戦後の荒廃する社会、 混迷と悲惨な市民生活の中で「スポーツで勇気を、 青少年立ち上がれ」を合言葉に市民の熱意を背景に8種目競技団体により新たに体育協会が結成され、 社会体育の一歩を踏み出した訳であります。

今では39種目団体の多くを数え市民やスポーツ愛好家のためにタイムリーな活動をしております。「スポーツの香りのする街・沼津」は当協会のスローガンです。これは何時でも何処でも誰もがスポーツ活動ができるような街づくりを目指していくという内容なのです。この体育協会の役割の大きさに身の引き締まる思いがいたします。これからも、沼津市行政の良きパートナーとなって市民の健康づくり、と体力づくりなどのスポーツ活動振興に向けて努力いたしたいと思っております。

さぁー、25年前を振り返って下さい。

時は平成3年沼津市立沼津高等学校が、夏の高校野球選手権大会に静岡県代表として、甲子園に出場いたしました。

次の平成4年は、岩崎恭子さんが、バルセロナ五輪におきまして若干14歳で金メダルを獲得し、同じ平成4年には、桐陽高等学校が、夏の高校野球選手権大会の静岡県代表として甲子園に出場しました。

この平成3年、平成4年、沼津の街は、スポーツに湧き大きな賑わいが起こりました。

スポーツ活動の効果と偉大さに、市民と共に興奮したものでした。

当時の可愛らしかった14歳から、日本の競泳界のリーダーとなられた、我が沼津の誇りであります岩崎恭子さんのトークショウを70周年記念の一環事業として平成28年6月4日文化センターで行い、立派に成長されました岩崎恭子さんの「幸せはいつも自分でつかむ」に堪能いたしました。

私たち体育協会の使命は、スポーツは一生のトモダチと云われますようにスポーツ活動の振興により健康の街づくりを進め、明るい元気な街づくりに貢献する必要があります。

この70周年を明日への飛躍の年として、体育協会職員・役員一同、市民総スポーツのため一層の努力をしていく所存です。

今後も関係者皆様方の変わらぬご支援を頂けますようお願い申し上げます。