title

沼津市グラウンド・ゴルフ協会

会長:横山得子

当協会は、日本グラウンド・ゴルフ協会・静岡県支部に加入している、沼津市のグラウンド・ゴルフ協会である。会員数72名(男51名・女21名)で平均年齢78才である。
グラウンド・ゴルフは「とまり」まで静止した球を打ち地面を転がし、打数を競う競技である。1コース、距離15m・25m・30m・50mの4種類×2倍で構成している。
散歩の延長ぐらいの運動であるので、会員の中には年齢90歳の人もいる。だが、一応競技なので、良いスコアにするためには、球を打つ方向・強さは気持ちを集中しないとならない。結構楽しいスポーツである。
練習は週3回行っており、練習の成果を発揮できる場としての年6回(偶数月)行う大会や、県大会・外部の大会にも積極的に参加するようにしている。
グラウンド・ゴルフは年長者の「健康づくり」の一環として参加しませんか。

沼津市武術太極拳連盟

会長:森 睦子

沼津市体育協会70周年おめでとうございます。
わが沼津市武術太極拳連盟は、市内で活動している愛好家が集まり、平成19年に結成された。主に武術を学ぶ子供達と太極拳を楽しむ大人達で構成されている。
市連の活動としては、団体間の親睦を図る目的で始まった『交流講習会』と日頃の練習の成果を発表する『沼津市スポーツ祭』がある。
今年度は、9月25日に開催した沼津市スポーツ祭において、会員190余名による『24式太極拳』の集団演武を披露した。この時着用したのが、市の花『はまゆう』をプリントした黄色のポロシャツで、市連初のユニホームとなった。
2019年には、国体種目になる事から、青少年の育成は急務であるが、年配者も楽しめる生涯スポーツとしての役割を果たすべく普及に努めていきたい。

沼津市スポーツ少年団

会長:頼重秀一

当少年団は昭和41年4月、日本スポーツ少年団の市区町村スポーツ少年団として発足した。平成28年現在、団数は41団、団員数は小学生1,074人となっている。
スポーツ少年団の理念として、①一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを提供する②スポーツを通して青少年のこころとからだを育てる③スポーツで人々をつなぎ、地域づくりに貢献する、の3つを掲げている。
少年団としての活動としては、戸田での1泊2日のリーダー研修会の実施、子どもの遊び王国in沼津への参加、少年団大会の実施、狩野川駅伝大会への参加、少年団体力テスト会や初級ジュニア・リーダースクールへの参加など多岐にわたっている。また、指導者や母集団を対象にした研修を年2~3回実施している。
今年は沼津市スポーツ少年団が50周年を迎えた節目の年である。

沼津市地区体育連合会

会長:百澤伸一

沼津市体育協会創立70周年、おめでとうございます。
さて私達の組織である沼津市地区体育連合会は、東の大平校区から西の浮島校区まで計22校区により構成されている連合会である。今から35年位前に22校区対抗の大運動会を香陵グランドで行ったのが最後である。時代の流れとともにこれ程人が集まるイベントは難しいとは思うが、連合会としてはちょっと寂しい限りだ。
現在は、各校区の団体長がそれぞれの校区で体育の灯を消さないように日々頑張っている。微力ではあるが、これからも頑張っていく所存である。

沼津市中学校体育連盟

会長:猿渡直隆  理事長:渡邉竜史

今年度の沼津市中体連大会は、7月2日より始まった。軟式野球をはじめサッカー、バスケットボール、バレーボール、ソフトテニス、ソフトボール、卓球、剣道、バドミントンの9種目が行われた。(柔道、水泳、陸上競技、新体操は市内大会はなく、東部大会等から開始。)
中体連大会は、団体種目の入賞校に得点が与えられ、学校単位で総合優勝を争う。今年度、大規模校の部総合優勝は男女バレーボール優勝等の第三中、小規模校の部ではサッカー準優勝等の浮島中であった。
現在、少子化等のため中学校運動部活動に参加する生徒数の減少が続いている。単独校では出場できず、他校との合同チームとなる場合もある。
生徒たちの健全育成のために、部活動並びに中体連にご協力をお願いしたい。

戸田地区体育振興部

会長:金指良治  理事長:齋藤元良

戸田地区は、合併後人口が、減り続けており現状においては特に高校生が朝早く登校、夜遅く帰宅する為参加が無理である。
年間行事
4月 町別ソフトボール大会
6月 戸田地区バレーボール大会
10月 ぬまづ健康スポーツカローリング大会
1月 小学生フリースロー大会
また戸田地区にはB&G海洋センターがあり、体育館、プール、柔道場、格技場を設け、幼児体操教室、小学生プール教室、高齢者ふれ愛体操教室などを行っている。
当地区内は、過疎化が進む現在、舟山、井田地区も含めて、若い世代の参加が困難である。よって、戸田地区以外の人達の協力を頂きながら、活動を続けて行きたい。

Page 1 Page 2 Page 3 Page 4